建物の外壁部分に汚れが目立つようになったら塗り替えの時機であると考えられます。見栄えが異なっているということは塗膜の外側が酸性雨などで顔料を壊されてきているということです。一部だけ塗料が落ちてきているケースも同様になります。もっといたむと、外壁部分を手でタッチしたときに塗装材がつきます。これをチョーキング現象と称し、八戸市でもこうなったら外壁の塗り替えの時期と考えられます。

壁の塗り替えについての広告ビラでは10年間保証付きと書いてある所も八戸市では少なくありません。10年間保証なら満足だと思う人も大勢いますが、注意したいのはその意味になります。大多数のケースでは保障が効くのは外壁のところだけで外壁から塗装がはがれてしまったときだけ保障が効きます。しかしながら、外壁から塗装がはがれてしまう事態はそうめったにはありませんし、壁に比べて剥がれてしまいやすい木部等といった部分は十年間保証の対象にはならず、長くても2,3年位という保障の中身の場合がたいていのようです。