外壁塗装をするときに注意したいのが壁色選びです。先立って塗料のサンプルで選択する形になりますが、完成してみるとイメージと違うものに仕上がったというような事が大安寺でも多くなっています。色見本の色と外壁すべてに塗られた色では雰囲気は変わってくるものです。近所の建物との調和を考えることも大切になります。通常は、目立つ色の場合は時間とともに色の減衰が出てくるので、穏やかな色彩にすると安全です。

外壁の形としてはモルタル外壁やサイディングボードというのが大安寺でも通常で、そのほかだと板張り等になります。モルタルはセメントや砂等を混ぜ合わせたモルタル材を左官屋が壁につけて、塗装して施工するもので、サイディングがでてくるまでは多くをしめていました。今の大半はサイディングを使った外壁で、予め工場などで作り出されたサイディングという外壁材をくっつけていく形で施工するものです。両方の壁も周期的な外壁の塗り替えが欠かせないことでは変わりはありません。