外壁には、サイディング材と呼ばれる人工の外壁材も熊本県では一般的に用います。サイディング材というのはメンテナンスがいらないといったイメージをもつ人も少なくないようですが、モルタル外壁と同じく壁の塗装は必須です。十年くらいで塗装を施せば、だいたい三十年程度はつかえますが、塗り替えをしないと早期にヒビ等といった症状で使用できなくなります。サイディング材であっても表面は塗装の皮膜によって保護している事は同じです。

外壁の塗装を施す際に注意しておきたいのが壁色のチョイスになります。あらかじめ塗装材の見本をもとに決めていくのですが、実際に塗装すると考えていたものとは別物になってしまったというようなことが熊本県でも少なくありません。小さい色見本で見る色の雰囲気と外壁すべてに塗装された色とでは印象は違ってきてしまうことも珍しくありません。周囲の建物の色彩とのマッチ具合を意識してみる事も大事になります。通常、カラフルな色彩にすると時間が経つと劣化が著しいので、おだやかな色彩を選択すると失敗が少ないです。