外壁のように屋根の管理についても大切です。屋根というのは壁よりも風雨にさらされるので傷つきやすくなるところですが、ほとんど見ない箇所ですし、いたみを気にしている人も宮崎県ではわずかです。老朽化すると、家の中に雨が入り込んで腐食などが生じてくるケースもあるため、定期的な手入れも重要です。時期は外壁のように7年前後より十年位を目途に塗り替えをするというのが通常ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えはしなくても大丈夫です。

家というものは出来上がった瞬間から老朽化し始めていますので、随時お手入れをしていくことが宮崎県でも重要です。特に建物の壁部分は毎日日差しの影響を受けながら、次第次第に痛み始めます。放置しておくと壁にヒビが入ってしまう等、修理工事をしなくてはいけなくなってしまいます。壁の老朽化を防止するためには壁の塗り替え作業が必須です。壁の塗り替えというものは外見をかっこよくしておくことはもちろん、壁を整備してクラックなどを防ぐといった狙いもあって、修復の費用等を払わなくてもすむのです。汚れていないので要らないというような事でなく、家屋を保持するために欠かせないお手入れとなります。