長野県でも壁の塗り替えには見かけをかっこよくするという効果だけにとどまらず、元来は建造物を耐水して保全するというのが役目となります。壁の素地は塗料でおおうことにより守られているのですが、年数が経つと傷ついていき、剥がれたりしてしまいます。そんな風になってくると家屋を守っていく事が難しくなって、壁板等の家屋の中まで影響が及ぶ場合もあります。壁がいたんでから壁の塗り替えをするということでは後の祭りなので、そういった状態を防止するためにも早い段階での外壁塗装が不可欠です。しっかり管理をすることで家屋の価値も保てます。

外壁部分に生じる異常としては、ひび割れとかカビ汚れ等が考えられます。ひび割れはというと乾燥や家のズレなどがきっかけでおこりますが、大概のケースで修理は可能です。カビやコケは日影の部分にでやすく、塗料のカビを予防する効果が弱かったりした時に発生します。緊急にどうにかする状況ではないのですが見かけも汚いですし、何もしないでいると老朽化し始めますので壁の塗り替えをするのも選択肢になります。塗装の塗膜が落ちるということは長野県でも珍しいのですが、多くのケースは作業上の過ちです。