外壁塗装作業の見積もりを業者にしてもらう際には、個々の会社にお願いするやり方ではなく、ネットや携帯で使える様々な会社から一括して作業見積もりをもらえるサイトを使うのが新潟県でも一般的になりつつあります。個々の業者に依頼すると、業者側は専門スタッフなので、その他の会社にも見積りを取ろうとしても押し切られる事もありますし、別の業者と照らし合わせないと見積りが適切な料金なのかどうかも判断できません。直接営業が少なくない業種だけあり、相手も話をまとめようと懸命ですし、有利にすすめる事は難しいです。複数会社にてまとめて作業の見積りを送ってもらえるサービスならば、業者側も、ほかの業者との競合という事をわかっていますので、面倒くさい協議をする必要もなく、最初から安い見積り額が提示されます。

外壁の形態では、モルタル外壁とサイディング材が新潟県でも普通で、それ以外には板張り等になります。モルタル外壁はセメントや砂などを混ぜ合わせたモルタルを左官屋さんが壁に塗って、塗装して完成させるというやり方で、サイディング材が開発される以前は日本の家の大半をしめていました。この頃の多数派はサイディング材の外壁で、あらかじめ工場などにてつくられたサイディングボードという壁材を貼り付ける形で作っていきます。両方とも定期的な壁の塗装は重要であることでは変わりません。