建物の外壁部分が古ぼけてきたら、外壁の塗り替えの時期になったと判断してください。色が違っているという事は、塗装材の外側が太陽光などにより組織が離脱してしまっているということになります。部分的に塗装が取れてしまっている時も同様になります。より傷ついていくと外壁を接したときに塗料が手につくようになります。この現象を塗料の白亜化といい、大阪府でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時期とされます。

大阪府でも外壁塗装というのは見栄えを良く保つ意味にかぎらず、元々は建造物を覆って保護するというのが目的です。外壁というのは塗装の皮膜でカバーすることによって保全されているのですが、年月が経っていくうちにいたみ、ヒビが入ったりします。そのような感じになると建物を保護する事が難しくなって、柱等の家の構造にまで傷ついていく可能性がでできます。壁の下地が老朽化してから外壁の塗り替えを行うということでは手遅れですから、そういった状況を回避するためにも一定期間での壁の塗り替えは必須です。しっかり手入れをする事により建物の価値も高くなります。