家の壁部分にはサイディング材という壁材も滋賀県ではよく使用されます。サイディングであれば手入れをしなくていいという印象をもつ人も多数いるようですが、モルタルの壁と同様に外壁塗装は必須です。10年くらいで塗り替えを行っていけば、およそ三十年くらいは使用できますが、塗装をせずにいると早めの年数でヒビ割れ等といったトラブルによってつかえなくなります。サイディングだとしても表は塗装の皮膜によって守っているということは同様なのです。

壁の塗装業者は飛び込み営業がしつこいという感じが滋賀県でももたれています。広告ビラを撒くのみならず、外壁の塗装をさせてもらいますという風に直接玄関先にやってくるケースも多いと思います。何ゆえに戸別営業をしてくるのかというと、そのわけは家の外壁部分が見えてしまうからです。営業担当者は、道を彷徨い、一軒ずつ家の壁を吟味していって、外壁部分が古くなっている所を選んで営業してくるのです。手当たり次第に訪ねてくるのではなく、壁の塗り替えが必要な所を選択してセールスしてくるのですが、場合によっては、面倒な直接営業をしてくるような会社もあるため注意しなくてはなりません。