壁の塗装業者は戸別営業が多いという印象が伊達市でも広まっています。ちらしを撒いてくることもあるのですが、外壁の塗装をしますよという風に急に玄関先に来ることも増えつつあります。どういうわけで戸別営業をしてくるのでしょう。それは壁部分が外から見えてしまうからです。業者は、町を歩いて、個々の壁を確認していき、外壁部分がいたんでいる住まいを見つけたら営業してくるのです。無作為にあらわれるのではなく、外壁の塗り替えが必要な所を探して訪ねてくるのですが、ときには、行き過ぎた訪問営業を行っている業者もあるため注意が必要です。

外壁の塗装を自分だけでやれないかと考える方もいるようですが、難しい作業にはなると思います。経験がある人であれば、うまくいくこともありますが、外壁の色を塗り替える位なら個人でも可能だという位の理解ならば、やめた方が賢いです。壁の塗り替えには家を守っていくといった大事な役目も含んでいます。下地処理で以前の塗装材の膜を除いて、重ね塗りを施してやっていくというような施工は、どうやっても専門でないと対応できないです。伊達市でも塗装材の代金は高いですし、美観も稚拙になる危険性も大きいです。