建物の壁の分類では、モルタル外壁やサイディングが桜川市でも普通で、他にはトタンや板などとなります。モルタルはセメントや砂石などを混ぜ合わせたモルタルを左官職人が壁に塗り、そこに塗料を塗って施工するというやり方で、サイディングが開発される前は日本家屋の多くをしめていました。このごろのほとんどはサイディング材を使用した外壁ですが、前もって工場等で作られたサイディングボードと言われる壁材を貼る形で施工します。両方の壁も定期的な壁の塗り替えが大切である点では違いはないです。

家屋は完成した時から古くなり始めているので、常に維持管理をする事が桜川市でも大切です。とりわけ建物の外壁は常に風雨にさらされていて、次第次第に劣化していきます。そのままでほったらかしていると外壁に裂け目ができるなど、修復が必要になってしまいます。外壁部分が壊れるのを止めるためには外壁の塗装が重要です。塗り替えというものは見栄えを綺麗に保持する以外にも、壁を補強してクラック等を防ぐという目的もあって、修繕にかかる費用がいらなくなります。汚れが目立たないのでしなくていいという事ではなく、家屋を保護するために重要なメンテナンスになります。