持ち家の壁の塗装の時期というのは、新築から、または過去の壁の塗り替えからの期間でいうと、一般的に松本市でも十年前後です。無論、使っている塗料等によってちがってきますが、標準ではその程度です。場合によっては、建設時に質の低い塗装材 を使っていたり、塗料自体を使ってなかったりする時もあって、その時には早く壁が傷つき始めるといった事も少なくありません。外壁の塗り替えというのはひび割れなどから守るという目的もあるので、必ずするようにしましょう。

見積もりの際にチェックしておくポイントとしては下地処理をするケレン作業が考えられます。古い塗装材の油膜を取って壁の状態の調整を施す作業で、これらの施工をしないと、新規の塗料がきっちり機能を果たせなかったり、早期に落ちてしまったりすることも多いです。松本市でも、下地調整は時間がかかってくるので、これらを省略して済ます所もあるようなので注意しなくてはなりません。作業工期が極端に短かったり、代金がすごく安かったりする場合は、下地処理を行うケレン作業を行うかを確認してください。省かれている時は聞いてみるようにしてください。