壁の塗装についての見積りをもらった際にチェックしておく箇所として、重ね塗りか挙げられます。塩尻市でも基本的に重ね塗りの回数というのは3回実施します。日差しをうける方向など、劣化が厳しい部分というのは4回施工する事もありますし、日差しが当たらないところは二回になる事も考えられます。重ね塗りを何回施すかで用いる塗料の分量も金額も変わってきますのできっちりとチェックしましょう。見積もりでは、これらの回数を注視し、記述がないときは訊ねるようにして下さい。あやふやな回答をしてくるような会社は回避した方が良いです。

外壁部分には、サイディングと呼ばれる人造の壁というのも塩尻市ではよく用います。サイディング材ならば整備がいらないというような印象を持つ方も多いようですが、モルタル外壁と同じく外壁の塗装は欠かせません。だいたい十年前後で塗り替えをすれば、三十年前後は使えますが、塗り替えをしないでいると早い年数でヒビ割れなどといった症状で利用できなくなります。サイディングボードだとしても表は塗膜により保全されているという事は変わらないのです。