壁部分が古ぼけてきたら、外壁の塗り替えの時機が来ていると考えて大丈夫です。見た目がちがってきているのは塗料の表面が日光等で顔料を破壊されてしまっているという事です。部分的に塗装が剥落してきているときも同様になります。より傷ついていくと壁部分を手でふれた時に塗装が手についてくるようになります。このことを塗料の白亜化と言い、上田市でもこのような様子になったら外壁の塗装の時期とされます。

見積もりの時に目を通す観点としては下地調整のケレン作業が考えられます。今の塗装を取り除いて外壁の下地を整えておく施工で、この施工をしないと、新しい塗料がしっかり働かなかったり、早い年数でとれてしまったりすることもよくあります。上田市でも、ケレン作業は手間と時間が必要なので、中には、これらの作業を飛ばすところもあるので気をつける必要があります。完成までのスケジュールが極端に短期だったり、費用がものすごく低料金だったりする際には、下地調整のケレン作業のありなしをチェックしましょう。記述がないときはたずねてみるようにしましょう。