外壁部分におきる異常には、ヒビ割れとかカビ汚れ等がよくあります。ひび割れはというと建物の歪みなどによっておきますが、ほとんどの場合では補修は可能です。カビは湿度の高い場所に生じやすく、塗料の防かびの効力が低かったりしたときに起こりがちです。すぐになんとかする状況ではありませんが見かけも悪いですし、ほったらかしていると、いたみはじめますので外壁の塗装をすることもありです。塗料が剥がれるというケースは大阪市東淀川区でも多くはないですが、ほとんどのケースは塗装の際の過失によるものです。

外壁部分に汚れが目立つようになったら外壁の塗装のタイミングだと思われます。色が劣化しているということは塗装材の表層が紫外線等の影響で顔料が離脱しているということです。塗膜がはがれているときも同様です。より老朽化すると、外壁を接したときに塗装材が付着するようになります。この現象を白亜化といい、大阪市東淀川区でもこうなったら塗り替えの時期とされています。