建物の外壁のタイプでは、モルタルの壁、サイディングボードが有田郡有田川町でも一般的で、他だとトタンや板等です。モルタルは、砂石やセメント等を混ぜ合わせたモルタルを左官職人が塗って、その上に塗装材を塗って仕上げるというもので、サイディングが普及する前は主流でした。このごろの大部分はサイディングボードの壁ですが、先立って加工場などにて製造されたサイディング材という外壁材を貼っていくように完成させていきます。両方とも何年かおきの塗り替え作業は必須であるという点では同様になります。

壁部分の表面に苔等が生じると見かけが悪いだけにとどまらず、塗装材の劣化が進んでいると判断していいです。カビ汚れはジメジメしたところにでやすく、防カビ剤の効力が弱い塗装を使っているケースでは早めにでてきます。家を建てる際には、諸費用をけずるため塗料の品質を落とす場合も多数あり、そういった時には塗膜の劣化も早いです。さらにいたむとクラック等も発生し、有田郡有田川町でも修繕料金は高くなりますので、すぐにも外壁の塗り替えをする事が必要です。