外壁にかび汚れなどができると外観が悪いだけにとどまらず、壁の下地が劣化していると思われます。かび汚れは日光が当たらない部分に生じやすく、かびを予防する効力が弱い塗装材をつかっている時は早めに現れてきます。建築のときには、費用をカットするため塗料の質を落とすというような事も多く、そのケースでは塗膜の劣化も早いです。よりいたむとヒビなども発生し、宮古市でも修復にかかる費用は多くなってきますので、すぐにも壁の塗装を施す事がポイントです。

塗り替えの見積もり書がでた際に目を通す箇所として、重ね塗りの工程があります。宮古市でも一般的に重ね塗りの回数は三回施します。日光をうける方角など、傷みが激しい所というのは4回やる事もありますし、日光が当たらない所については2回となることも考えられます。重ね塗りを何回するかによって使う塗料の分量も費用もちがってきますのでしっかり目を通しておきましょう。見積り書では、これらを何回するかに気をつけ、書いていないときは伺ってみるようにして下さい。うやむやな応対をしてくる業者は、やめるようにした方が良いです。