壁の塗り替え会社は直接営業をしてくるというような印象が釧路市でも持たれます。ちらしを入れてくるだけでなく、外壁の塗り替えをしませんかという感じに急に訪ねてくるケースも珍しくありません。何ゆえに訪問営業ばかりするのでしょうか。そのわけは建物の外壁部分が外から丸見えだからです。業者のセールスは町を彷徨い、おのおのの建物の壁部分を見ていって、壁が老朽化しているところを見つけたら訪れるというわけです。手当たり次第に声をかけているのではなく、外壁塗装をするべき所を選択してあらわれるのですが、時には、迷惑な直接営業をするようなところもあるため気をつけてください。

壁と同じように屋根の管理も必須になります。屋根は外壁とくらべても日差しを受けるので劣化も早い所ですが、いつもは目にしない所ですし、老朽化を危惧する人も釧路市では少数です。劣化すると、建物の中に雨が染みこんで侵食等が発生してくることもありますので、何年かごとの整備も重要になります。時期はというと外壁のようにおよそ7,8年くらいから10年程度にて屋根の塗り替えをしていくのが通常ですが、瓦の屋根は塗り替えを行う必要はありません。