輪島市でも外壁の塗装は表向きをかっこよく保持するという意味もありますが、そもそもは建築物をおおって保持することが役割になります。壁の下地は塗料でおおうことによって保持されているのですが、時とともに傷み、ひびが発生したりしてしまいます。そのような感じになると建造物をガードすることが難しくなって、土台などの家の造りにまで巻き込んでいく可能性がでできます。壁の劣化が進んでから壁の塗り替えを行うのでは後の祭りなので、そうした状態を回避するために周期的な塗り替え作業が大切です。きちっと整備をしていく事で建造物の値打ちも高まります。

外壁と同様に屋根の手入れについても重要になります。屋根というのは外壁とくらべても日光を受けますので老朽化も早くなる部分なのですが、あまり目にしない所ですし、いたみを気にかけている方も輪島市では少ないです。老朽化が進むと建物の内部に水分が入り込んで侵食等が起きてくる時もあるため、周期的なケアが重要です。年数はというと壁のようにだいたい七、八年位から10年くらいで屋根の塗り替えをやっていくというのが普通ですが、瓦は塗り替えはいりません。