外壁の表面にかび等ができると外観が良くない以外にも、壁の下地が傷ついていると考えて大丈夫です。コケは湿度の高い部分につきやすく、かびを防止する効果が低い塗料を使用している場合はすぐにも発生します。家を建てるときには、必要経費を抑えるために塗料の質を落とすといったことも少なくなく、そういった場合には壁の劣化も早くなります。さらにいたんでいくとクラックなども発生し、気仙郡住田町でも補修の料金は高めになりますから、早い年数で外壁の塗装をすることが大切です。

建物の外壁部分にはサイディングという人工の外壁材というのも気仙郡住田町ではたびたび使われます。サイディングというのはメンテをしなくていいといった印象をいだく方も少なくありませんが、モルタルの壁の場合と同じように塗り替えは大切です。10年くらいで塗り替えを行えば、三十年位はもちますが、塗装をしないと早い段階でひび割れ等の症状でつかえなくなってしまいます。サイディングだとしても表は塗装の皮膜によってまもられているということは同じです。