北広島市でも壁の塗装は表向きを綺麗に保つというような狙いはもちろん、元々は建築物を覆ってガードするというのが役割です。壁は塗装の皮膜で覆うことによって保護されているのですが、年数が経っていくうちに劣化が進み、ヒビが発生したりしてしまいます。そんな風になってくると建物を維持する事が難しくなって、下地等の住居の構造にまでいたんでいく可能性がでできます。壁の素地が傷ついてから塗り替えを施すということではどうしようもないので、そのようなことを回避するために早い段階での塗り替えは重要です。きっちりケアをしていく事で家の資産価値も保てます。

外壁の形態としては、モルタル外壁、サイディングボードが北広島市でも通常で、そのほかにはトタンなどになります。モルタルというのは砂やセメントなどを練ったモルタルを左官屋さんが塗り、さらに塗装して作るという方法でサイディング材が普及する以前は日本の家屋の主流でした。今の主流はサイディングボードを利用した外壁になり、あらかじめ工場などで製造されたサイディングボードという壁材を貼りこんでいく形で施工していきます。両方とも定期的な外壁の塗装作業は重要であるという点では違いはありません。