家の外壁部分が色あせてきたら、壁の塗り替えの時機になったと考えて大丈夫です。見た目が劣化してきているという事は、塗膜の外側が酸性雨等によって樹脂が離脱してきているという事になります。塗膜が剥がれてしまってきている場合も同様です。さらに老朽化すると、壁部分を触った時に塗料がついてくるようになります。これをチョーキング現象と言い、いわき市でもこの現象が起きたら外壁の塗装の時期と考えて大丈夫です。

外壁の塗装会社は直接営業が少なくないというような印象がいわき市でも広まっています。ポスティング広告を配布するのみならず、壁の塗り替えをしましょうといきなりおとずれるケースも多くなっています。どうして飛び込み営業ばかりするのかというと、その理由は壁が道路から見えてしまうからです。セールス担当者は、街を散策して、一つずつ壁を見ていき、外壁部分が古くなっていたりする住居を選択して営業してくるのです。手当たり次第に訪れるのではなく、壁の塗り替えをすべきな家を見つけて営業をかけているのですが、ときには、やっかいな戸別営業を行っているところもあるため注意が必要です。