壁部分につやがなくなってきたら壁の塗り替えのタイミングが来ていると思ってください。外見が変化してきているという事は塗料の外層が酸性雨などにより樹脂層を壊されているということになります。一部だけ塗装が落ちてしまってきているケースも同じです。もっと傷んでいくと、外壁部分を触れた際に塗装材が手につきます。これらを塗装の白亜化と言い、伊那市でもこうなったら外壁の塗装のタイミングと判断してください。

壁には、サイディング材と呼ばれる板上の外壁も伊那市ではたびたび用いられます。サイディング材というのはメンテをしてなくて良いというイメージを抱く人も多いようですが、モルタルと同じく外壁の塗装は必須です。十年程度で塗装をしていけば、三十年前後は長持ちしますが、塗り替えをしないでいるとすぐにもひび等の異常によりつかえなくなってしまうこともあります。サイディング材も表は塗装材によって保全されているという事に違いはないです。