外壁部分の表面にカビやコケ等がつくと見かけがまずいだけにとどまらず、壁の素地が傷んでいると思っていいです。苔は陽が当たらないところにつきやすく、防カビ剤の効果が低い塗装材にて施工されている時は早期に現れてきます。新築の際には、費用をおさえるため塗料にお金をかけられないという場合も多数あり、そうした場合には塗装の老朽化も早いです。より劣化するとクラックなども生じて、南佐久郡小海町でも修繕料金は大きくなりますので、早い年数で壁の塗り替えを行うことが重要です。

見積りの際にチェックしておくポイントとして下地処理をするケレン作業か挙げられます。これまでの塗装材の膜を除去して外壁の下地の調整をする作業で、これらの工程をしておかないと、新しい塗料がしっかり機能を果たせなかったり、早めの年数ではがれ落ちたりします。南佐久郡小海町でも、ケレン作業は手間が必要なので、中には、これらの作業をやらない会社も存在するので注意しなくてはなりません。施工期間が非常に少なかったり、代金がすごく安かったりする時は、下地処理を行うケレン作業をするかをチェックしましょう。省略されているときは訊ねるようにしてください。