外壁に起こりがちな問題には、クラック、かび汚れ等がよく見られます。ひびはというと乾燥や構造のゆがみなどが要因で起きますが、ほとんどのケースで修理可能です。かび汚れについては日差しが当たらない場所に生じやすく、塗装のカビを防ぐ効力が弱かったりした時に起こります。すぐになんとかしなくてはいけないトラブルではないですが見栄えも悪いですし、その状態のまま何もせずにおくと、いたんでしまいますので壁の塗り替えを行うこともありです。塗装が剥脱するといったケースは荒川沖でも珍しいですが、たいていの場合は作業の過失です。

荒川沖でも塗り替えは美観を良く保つという効果以外にも、もともとは建造物を防水で守っていくというのがねらいとなります。壁の下地は塗装の塗膜でつつむことにより保護されているのですが、年数とともに劣化して、はがれたりします。そのような感じになってくると建築物を守っていく事がむずかしくなり、土台等の建築物の造りまで影響が及ぶケースもあります。壁の素地がいたんでから塗り替えを行うのでは手遅れなので、そういった状況を避けるために周期的な外壁の塗り替えが重要です。しっかり管理を行っていく事により家の寿命も長くなってきます。