壁にカビ等が生じると外観が汚い以外にも、塗装材が老朽化していると考えていいです。かび汚れは湿気がある所に生じやすく、防カビ剤の効果が低い塗装材で塗られている場合はすぐにも現れてきます。家を建築するときには、費用を抑えるために塗料の品質を低くするというケースも多々あり、それらのときには壁の素地の劣化も早くなります。さらに劣化するとヒビ割れ等もおきて、郡山市でも修繕料金は高額になってきますので、早期に外壁塗装を施すことが大切です。

外壁部分には、サイディング材と呼ばれる人造の外壁材というのも郡山市ではよく利用されています。サイディングならば手入れの心配がいらないというような印象をもつ人も少なくないようですが、モルタル外壁の場合と同じように外壁の塗り替えは大切です。およそ10年くらいで塗り替えを施せば、30年位は長持ちしますが、塗り替えをしないと早々にひびなどといった問題によって利用できなくなってしまいます。サイディング材も外層は塗装材で守られているということは変わらないのです。