外壁部分に汚れが目立ってきたら外壁塗装の時機であると判断していいです。見た目が変わってきているのは、塗膜が日差し等により樹脂が離脱しているという事です。塗膜が落ちてきているケースも同様になります。さらに傷むと、壁を手で触れた時に塗装材が手に付着するようになります。この現象を白亜化と言い、豊岡市でもこの現象が起きたら壁の塗装の時期と考えられます。

見積りのときに点検するポイントとして下地調整のケレン作業があります。前の塗装材の油膜を落として外壁の環境を調整する施工で、これらの施工を省いてしまうと、塗り替える塗料がきちんと効き目を出せなかったり、早い年数で剥がれ落ちたりしてしまいます。豊岡市でも、下地調整のケレン作業は手間が発生するので、中には、この施工を飛ばして済ますところもあるので注意が必要です。施工日程が極端に短期だったり、料金がすごく格安だったりするときは、この工程を行っているかをチェックしましょう。書かれていない際には質問するのがよいです。