壁部分に汚れが目立つようになったら塗り替えの時期が来ていると思っていいです。外見がちがってきているという事は塗装材が日差しなどで顔料を破壊されているということになります。塗装材がとれてしまってきている場合も同じです。もっと傷んでいくと外壁部分を手で接したときに塗料が手につきます。これらをチョーキング現象と言い、高市郡高取町でもこの現象になったら外壁塗装の時機と思われます。

高市郡高取町でも壁の塗り替えには見た目をよく保つというような狙いもあるのですが、もともとは建造物を耐水して保全する事が役割です。壁の素地というのは塗装材で覆い隠すことによってまもられているのですが、年月の経過につれて老朽化が進み、割れてきたりしてしまいます。そのような状態になってくると建造物をガードすることができなくなり、下地等の建造物の内側まで傷んでいくケースもあります。外壁が傷んでから壁の塗り替えを施すのでは手遅れなので、そのような状況を免れるためにも早期の壁の塗装作業が不可欠です。然るべく管理をする事で住居の値打ちも高まります。