壁のように屋根の手入れについても不可欠です。屋根は外壁とくらべても風雨を受けますのでいたみやすいところですが、めったに目にしない場所ですし、痛みに気づく方も仙台市青葉区ではわずかです。いたむと建物の中に雨が入りカビなどの要因になる場合もあるので、一定期間でのメンテナンスも重要です。期間としては外壁と同じように七年程度より十年くらいで屋根の塗り替えを行うというのが原則ですが、瓦ぶきは塗り替えを行う必要はないです。

建物の壁部分に汚れが目立つようになったら外壁の塗装の時期であると考えてください。見栄えが異なっているということは、塗装材の表面が雨風などによって樹脂層を破壊されてきているということになります。一部分だけ塗装が剥脱している時も同じです。もっと傷つくと、壁部分を手で触れた時に塗料がついてくるようになります。これらを塗膜の白亜化と言い、仙台市青葉区でもこのような様子になったら壁の塗り替えの時期と思って大丈夫です。