外壁と同様に屋根の手入れも不可欠になります。屋根というのは外壁以上に雨風にさらされますので老朽化も早くなる部位ですが、日ごろは目にしないところですし、痛みを危惧している人も下関市では多くありません。老朽化すると家の内側に雨がしみこんでかびなどが生じるときもあるため、周期的なメンテが大事になります。時期は外壁と同じくおよそ7年位から十年位にて屋根の塗り替えを施すというのが原則ですが、瓦ぶきは塗り替えはいりません。

家の壁部分に起こりがちなトラブルとしては、ひび割れとかカビ汚れなどがよくあります。ヒビ割れはというと乾燥や家のひずみ等から発生しますが、大概のケースで修理は可能です。カビというのは陽が当たらない場所につきやすく、塗装材のカビを予防する効果が弱かったりした時に起きます。緊急に対応する状況ではありませんが見た目も良くないですし、放っておくと傷ついてしまいますので外壁の塗装を施す事もありだと思います。塗膜がとれるといったケースは下関市でも珍しいですが、たいていの場合は作業の過失になります。