外壁塗装の見積もりが出された際に確認しておく箇所としては、重ね塗りの回数か挙げられます。香川県でも通常は重ね塗りの回数は三回作業します。太陽光があたる側等、減衰が多い部分については四回作業する事もありますし、いたみが少ない部分は二回となる事もあります。重ね塗りを何回するかによって使用する塗料の金額も差が出てきますのでしっかり確認しましょう。見積りについては、重ね塗りを何回するかに気をつけ、書いていない時は訊ねてみるのがよいです。いい加減な答えをしてくる感じの所は頼まないほうが安心です。

塗り替えを独自にやれないかと思案する人もいるようですが、あまり推奨はできません。スキルがある人であれば、やれるかもしれませんが、壁の色を塗り替えるだけだから個人でもOKだといった位の考えならば、触らないほうが良いです。壁の塗装には建造物を保全するといった大事なねらいもあります。下地調整を行うケレン作業で元々の塗装の油膜を除去してから、重ね塗り作業をして行っていくといったプロセスは、なかなか専門家でないとできないです。香川県でも材料代は発生してきますし、外観も稚拙になるという危険が上がります。