外壁の塗り替えについてのビラには十年間長期保証と記載してある会社も東伯郡三朝町では少なくないです。十年保障なら十分だと感じる人もたくさんいますが、気をつけたいのは保証の内容です。たいていのケースでは保障の対象となるのは壁の部分だけで壁から塗料が剥がれ落ちた時だけ保証が効きます。しかし、外壁から塗装材が剥がれ落ちる事はそうそうありませんし、壁にくらべて落ちてしまいやすい木部やトタン等の所は十年間保障が効かず、長くても数年程度というような保障の中身の場合が大部分です。

壁部分におきる症状としては、クラック、かび汚れ等がよくあります。クラックというのは乾きや建物のゆがみなどが要因でおこりますが、大概の場合で修理できます。カビやコケについてはジトジトした部分に生じやすく、塗装材のかびを防ぐ効力が低かったりしたときに起こります。すぐになんとかする症状ではないのですが美観も悪いですし、放置していると、いたんでしまいますので外壁の塗装を行う事もありだと思います。塗装材が落ちるといったことは東伯郡三朝町でも珍しいのですが、多くの場合は施工の過失です。