見積りの時に見る箇所としては下地処理を行うケレン作業か挙げられます。古い塗装の塗膜をのぞいて壁の環境の調整をしていく作業で、この工程を省略すると、新しい塗料がきちっと塗れなかったり、早期に剥がれ落ちてしまったりしてしまいます。西牟婁郡上富田町でも、下地調整は手間と時間がかかってくるため、この施工を飛ばすところも存在するので注意を払うことが必要です。期間が非常に迅速だったり、金額が極端に安価だったりする場合は、下地処理を行うケレン作業を行っているかを見ておきましょう。書かれていない際にはたずねてみるようにして下さい。

外壁の塗り替えについてのビラを見てみると10年間保障と記載してある所も西牟婁郡上富田町では少なくありません。10年間保障なら満足だといった人も多いと思いますが、知っておきたいのは保障の意味です。大多数のケースでは保証されるのは壁部分のみで、壁から塗装材がはがれ落ちた場合のみ保障が認められます。ただ、外壁から塗料が剥がれるということはめったにないですし、外壁よりはがれやすいトタン等というような所は十年保障の対象とならず、長くて二,三年位という保証の内容のことがほとんどです。