壁と同じく屋根の手入れについても必須です。屋根というのは壁以上に風雨にさらされるのでいたみやすい箇所ですが、いつもは見えない部位ですし、劣化を危惧する人も宮古島市ではわずかです。傷むと内部に雨が染みこみ腐敗などの要因になることもあるので、定期的なメンテも必須です。サイクルとしては壁のようにおよそ七、八年くらいから十年くらいにて塗り替えを施すのが通常のやり方ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えをやる必要はありません。

外壁の塗り替えの見積もり書がでたときに点検する点としては、重ね塗りがあります。宮古島市でも基本的に重ね塗りというのは3回行います。日光をうける方向など、いたみが著しい所というのは四回作業することもありますし、日光が当たらない部分は二回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかで使う塗料の費用も変わりますのできちんと注視しておきましょう。見積もり書については、重ね塗りを何回するかを確認し、省略されている際には聞いてみるようにしてください。あやふやな回答をしてくる感じの所は別の会社にした方が無難です。