塗り替えについての見積りが提示されたときに確認しておくポイントとしては、重ね塗りの作業があります。生駒市でも基本的に重ね塗りの回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回作業します。日差しが当たる南の方角など、痛みがひどい場所というのは4回実施する事もある一方、日差しが当たらない所は二回になることも考えられます。重ね塗りを何回やるかによって塗装材の分量も金額も違ってきますのでしっかりと気をつけましょう。見積り書については、これらを何回するかを確認し、記載がない際には質問するのがよいです。適当な返答をしてくる感じの会社は、やめるようにしたほうが賢いです。

壁のように屋根の手入れについても大切です。屋根というのは外壁と比較しても風雨を受けるのできずつきやすくなる部分ですが、ほとんど目にすることはない所ですし、痛みに気づいている人も生駒市ではわずかです。傷むと、中に水分が入り込んで浸食などが発生するケースもあるため、何年かごとのメンテが必須になります。サイクルはというと外壁のように7年前後から10年前後にて塗り替えをやっていくというのが多いですが、瓦ぶきは塗り替えをやる必要はないです。