建物の外壁の形はモルタルの壁とサイディングというのが恵那市でも一般的で、ほかだとトタンや板ばりなどがあります。モルタル外壁というのは、セメントや砂と水等を練り合わせたモルタル材を職人が壁に塗り、さらに塗装材を塗って完成させるというやり方で、サイディング材が登場するまでは大多数をしめていました。現在の大半はサイディングを使用した壁ですが、前もって作業場等で作り出されたサイディングと言われる壁材をくっつけていく形で完成させていきます。二つとも何年かごとの外壁の塗り替えは欠かせないということでは同じです。

家屋は建てられた時から劣化が始まっていますので、常にお手入れをすることが恵那市でも必要です。とりわけ外壁部分は常に雨風をうけていて、徐々にダメージを受けていきます。そのままで放置していると壁がひび割れる等、修繕作業を要することになります。建物の壁が壊れるのを防止するには塗り替えが必要です。外壁塗装というのは見栄えをキレイにしておくだけでなく、壁部分を強化してひび等からガードするというような効果もあって、結果として補修にかかる費用などを支払う必要がなくなります。まだキレイだから不必要という事ではなく、住居を保持するために不可欠な手入れとなります。