外壁のタイプは、モルタルの壁とサイディングというのが奈良市でも通常で、他だと板張りなどです。モルタルの壁というのはセメントや砂石等を練ったモルタル材を左官屋が壁につけて、そこに塗装材を塗って施工するといった工法で、サイディングボードが現れる前は日本の家屋の多数をしめていました。最近の多数派はサイディングをつかった外壁となり、さきに加工場等にて作成されたサイディングと言われる壁材をくっつけていく形で作っていきます。両方の壁も何年かごとの外壁塗装作業は欠かせないという点では同様になります。

壁の塗り替えの見積もりが出た際に目を通しておく項目として重ね塗りの回数か挙げられます。奈良市でも一般的に重ね塗りの回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回やります。ただ、太陽光が当たる方向など、老朽化が激しいところについては四回行う事もありますし、いたみが少ない壁は2回になることもあります。重ね塗りを何回やるかで使用する塗装材の分量も金額もちがってきますのできちっと気をつけましょう。見積りでは、重ね塗りを何回施すかをチェックし、省かれているときは聞いてみるようにしてください。うやむやな答えを返してくるような所は別のところにしたほうが良いです。