壁部分の色あせが目立ってきたら、外壁塗装の時機が来ていると思って大丈夫です。見栄えが異なっているということは、塗装材の表面が雨風などの影響で樹脂層を分解されてきているという事です。塗装がはがれてしまってきているときも同じになります。さらに傷ついていくと、外壁部分を手でふれたときに塗装材が手についてくるようになります。このことを塗膜の白亜化といい、糸満市でもこのような感じになったら外壁の塗り替えの時期と判断していいです。

建物の壁の形としては、モルタル外壁とサイディング材というのが糸満市でもたくさん使われ、その他だと板張り等となります。モルタルというのはセメントや砂石等を混ぜて作ったモルタルを左官屋がつけて、さらに塗装材を塗って作り上げる方法でサイディング材があらわれるまでは日本の家屋の大部分をしめていました。この頃のほとんどはサイディングボードを利用した外壁となり、事前に工場等で生産されたサイディング材と言われる壁材を貼りこんでいく形で完成させていきます。両方の壁も何年かごとの壁の塗装作業が必須であることでは同じになります。