見積もりの際に見ておく項目として下地処理を行うケレン作業か挙げられます。前の塗装材の油膜を取り除いて壁の環境を調整する工程で、これらの施工をやっておかないと、新規の塗料がしっかり効き目を出せなかったり、早めにはがれ落ちたりしてしまいます。向日市でも、下地調整のケレン作業は労力がかかるので、この工程を省略してしまう所も存在するので注意を払わなくてはなりません。作業期間がすごく早かったり、費用がとても格安な場合は、下地調整を行うケレン作業を見ておきましょう。記載がないときは聞いてみるようにしましょう。

壁の形では、モルタルの壁、サイディングが向日市でもたくさん使われ、それら以外にはトタン等となります。モルタルはセメントや砂と水などを混ぜて作ったモルタルを職人さんが壁に塗りつけて、塗装して施工するもので、サイディングボードが登場する前は多くをしめていました。現在のほとんどはサイディング材を利用した外壁で、事前に加工場などで作られたサイディングボードと言われる壁材をくっつけていく形で施工していきます。両方の壁も定期的な塗り替えは必要であるという点では変わりません。