壁と同じように屋根のメンテも必須になります。屋根というのは外壁以上に太陽光をうけますので痛みやすい部位ですが、めったなことでは見ない箇所ですし、老朽化を気にかけている人も薩摩郡さつま町では少数です。傷むと、内側に雨が染みこみ腐敗等が起きてくるときもあるため、何年かおきのケアも不可欠です。期間としては外壁と同じく7,8年位から10年くらいを目途に塗装をするのが通例ですが、瓦の場合は塗り替えをやる必要はないです。

外壁にカビやコケなどができると外見がまずいだけにとどまらず、塗装が傷ついてきていると考えられます。かびは日陰のところに発生しやすく、防カビの効き目が弱い塗料で塗られている場合はすぐにもできてきます。建築の際は、支出を節約するため塗料の品質を下げるといったケースも多々あり、そういった時には塗装材も傷つきやすくなります。もっと傷ついていくとヒビ割れなども生じ、薩摩郡さつま町でも修繕の費用は高くなりますので、早期に外壁塗装を施すことが重要です。