家の壁の形態ではモルタルの壁とサイディングが久慈市でも通常で、その他にはトタンなどとなっています。モルタルの壁というのはセメントや砂と水などを混ぜ合わせたモルタルを左官屋が壁に塗りつけて、その上に塗装材を塗って作る工法で、サイディングボードが登場するまでは日本の家の大部分をしめていました。このごろの主流はサイディングの外壁で、予め工場などにて作り出されたサイディング材と呼ばれる壁材を貼りこんでいくように作り上げていきます。二タイプとも周期的な壁の塗装が重要であるということでは同じです。

久慈市でも壁の塗り替えというのは外見をキレイにするというような意味以外にも、そもそもは建築物を防水して守るというのが役割となります。壁の素地は塗装にてつつむことによってまもられているのですが、時の経過につれていたみ、ヒビ割れが起きたりしてしまいます。そのような感じになってくると家屋を保全することがむずかしくなり、土台等の建築物のつくりまで巻き込んでいく可能性がでできます。壁の素地がいたんでから外壁の塗装を施すのでは手遅れなので、そうしたことを避けるために早めの外壁の塗装は重要です。きっちりとメンテナンスをやっていく事によって住居の価値も高くなります。