建物の壁の形態では、モルタル外壁やサイディング材というのが栃木県でも通常で、そのほかだとトタンや板ばりなどとなります。モルタル外壁というのは、セメントや砂と水等を練り混ぜたモルタルを左官職人が壁につけて、さらに塗装をして作り上げるといったやり方で、サイディングボードが現れる以前は日本の家屋の主流でした。このごろの大半はサイディングを使用した壁で、事前に加工場等にて製造されたサイディングと呼ばれる壁材を貼り合わせるように仕上げていきます。どちらの壁も何年かおきの壁の塗り替え作業は重要である点では同様です。

壁に汚れが目立つようになったら壁の塗装のタイミングだと思ってください。見栄えが劣化してきているということは塗装材の表面が雨風等によって樹脂層を分解されてしまっているという事になります。塗料がはがれてしまっているケースも同じになります。より劣化が進むと、壁部分を手で触れたときに塗装が手に付着してきます。この現象をチョーキングと呼び、栃木県でもこうなったら壁の塗装の時機と考えてください。