外壁のタイプではモルタル外壁やサイディングボードというのが大田原市でも多数で、他にはトタンや板等があります。モルタルの壁というのは、砂石とセメントなどを混ぜて作ったモルタル材を職人が壁に塗って、塗料を塗って完成させるというような工法で、サイディングがでてくる以前は日本の家屋のほとんどをしめていました。最近の多数派はサイディングを用いた外壁で、先立って作業場などで作られたサイディングと言われる壁材を貼り付けるように施工します。二つとも何年かおきの壁の塗装は欠かせないということでは同じです。

壁と同じように屋根のケアについても不可欠です。屋根は外壁と比べても太陽光を受けるので老朽化も早い所なのですが、普段は見えない部位ですし、老朽化を危惧する人も大田原市では多くないです。傷むと、内側に雨水が染みこみ腐敗などの要因になる時もあるので、何年かごとのケアが不可欠になります。サイクルはというと外壁と同じくおよそ七年前後から十年位にて塗り替えをしていくというのが普通ですが、瓦の屋根は塗り替えはいりません。