壁部分にツヤがなくなってきたら壁の塗り替えの時機になったと判断できます。色がちがっているという事は、塗装材の外層が雨風などの影響で樹脂を破壊されてしまっているということです。一部分だけ塗料がとれてしまっているケースも同様になります。より傷むと、外壁部分を手で触れた際に塗料が手につくようになります。これを塗膜の白亜化と称し、北上市でもこのようになったら外壁の塗り替えの時期と考えてください。

マイホームの壁の塗装をやってもらう時機というのは、新築してから、または過去の外壁塗装からでいうと、基本的に北上市でも約10年位です。塗装材等によって変わりますが、だいたいその程度です。時には、建築の際に粗悪な塗装材 を使用していたり、もとより塗料そのものをつかってない時もあり、そうしたときはどんどん壁部分が老朽化するというようなこともありがちです。壁の塗装はひび割れ等を防止するというような役目をもちますので、定期的に行うようにしましょう。