家というのは完成した瞬間から古くなり始めていますので、つねに維持管理をしていくことが野々市でも大切です。とくに壁部分というのはいつも太陽光にさらされていて、ゆるやかにダメージを受けていきます。そのままで何もせずにいると壁にヒビが入ってしまうなど、修理作業をすることになります。外壁が壊れてしまうのを押さえるには壁の塗装作業は大切です。外壁の塗り替えというものは見栄えを美しく保持することに限らず、外壁部分を補強してクラック等を押さえるといった目的も持ち、修繕の料金等を支払わなくてもすむのです。汚れていないからいらないといったことでなく、家屋を保持するために不可欠なメンテナンスであると言えます。

外壁のように屋根の手入れについても重要になります。屋根というのは壁よりも風雨の影響を受けますので劣化も早い部分ですが、いつもは目にすることはない場所ですし、劣化に気づいている方も野々市では多くはないです。傷んでいくと、家の内部に雨水が入り侵食などが発生してくる場合もありますので、何年かおきの手入れも大事です。期間としては壁のように七、八年程度より10年位を目途に塗装をしていくというのが普通ですが、瓦の屋根は塗り替えをやる必要はないです。