壁の形は、モルタル外壁やサイディング材というのが河北郡津幡町でも多く、そのほかには板張りなどとなります。モルタルの壁というのは、砂石やセメントなどを練り混ぜて作ったモルタル材を職人さんが壁に塗り、塗装して完成させるというようなやり方で、サイディングが普及するまでは日本の家屋のほとんどをしめていました。近年の大部分はサイディング材を使用した壁ですが、さきに加工場などでつくられたサイディング材という壁材を貼りこんでいくように完成させていきます。二つとも何年かごとの壁の塗り替え作業は大切であるという点では同様です。

建造物というのは出来上がった段階から老朽化が始まっていますので、定期的にメンテナンスをすることが河北郡津幡町でもポイントです。特に壁部分というのは絶えず風雨にさらされて、時間をかけて傷ついていきます。その状態のままほったらかしておくと壁にひび割れが入ってしまうなど、修繕をすることになります。家の外壁の老朽化を防止するには外壁塗装は不可欠です。外壁の塗り替えは外観をかっこよく保持することに限らず、壁部分を強化してひびなどを押さえるというような目的もあり、そのため補修にかかる料金などを払わなくてすみます。汚れが目立たないのでしなくていいという事ではなく、建物を保護するのに必須な手入れであると言えます。