壁部分の外層にカビ等ができると外見が汚いのみでなく、塗膜が傷んできていると思われます。カビやコケは日差しが当たらないところにでやすく、カビを防止する効力が低い塗装材を用いているケースでは早い年数で現れてきます。建物を建てるときには、必要経費をおさえるため塗装材の質を下げるというようなことも多数あり、そういった際には壁の劣化も早いです。もっといたんでいくと、破損なども生じて、岩沼市でも修繕の費用は高額になってきますから、早めに外壁の塗装をすることがポイントです。

外壁の分類では、モルタルの壁とサイディングというのが岩沼市でも普通で、その他にはトタンや板等です。モルタルの壁はセメントや砂などを練り混ぜて作ったモルタルを左官職人が壁に塗り、さらに塗料を塗って作るという方法でサイディングボードが開発される前は主流でした。この頃の大部分はサイディングを利用した外壁ですが、あらかじめ工場などでつくられたサイディング材と言われる壁材を貼る形で仕上げていきます。両方とも定期的な外壁塗装は不可欠であるという点では同じです。