東浅井郡虎姫町でも壁の塗り替えというのは見栄えをよく保持するという意味に限らず、本来は建築物をおおって守っていくことがねらいとなります。壁は塗膜でカバーすることで保護しているのですが、年月の経過につれて劣化が進み、剥がれたりします。そんな風になってくると建物を保持する事がむずかしくなり、壁板等の家屋の造りまで影響が及ぶことも考えられます。壁の老朽化が進んでから壁の塗り替えをするのでは手遅れなので、そのようなことを免れるために早めの外壁塗装作業が不可欠です。しかるべくケアをしていくことによって建築物の資産価値も保てるのです。

家の壁には、サイディング材という板上の壁材というのも東浅井郡虎姫町では一般的に使われます。サイディングというのは手入れの心配がいらないというような印象をもっている人も多いと思いますが、モルタルの壁の場合と同じく外壁の塗装は欠かせません。約10年くらいで塗装をすれば、30年くらいはつかえますが、塗り替えをしないと早期にひび等のような問題によりつかえなくなってしまいます。サイディング材でも外層は塗膜でまもられているということは同様なのです。