建物の外壁の型はモルタルの壁、サイディングが国立市でも多く使われ、ほかだと板張り等となります。モルタル外壁は、セメントや砂石等を練り混ぜたモルタル材を職人さんが塗り、塗料を塗って完成させる方法でサイディング材が普及する前は多くをしめていました。今の大半はサイディングボードをつかった外壁になり、予め工場等で生産されたサイディングという壁材を貼り付けるように施工していきます。どちらも一定期間での壁の塗り替え作業は必須である点では変わりはありません。

外壁塗装作業の見積もりを業者に依頼する時には個々の業者にお願いするのではなく、インターネットや携帯から使える様々な業者にて一度に見積もりをくれるサイトを利用するのが国立市でも一般的です。個別にしてもらうと、相手側はプロですし、その他の業者にも見積りをしてもらいたくても契約させられてしまうこともありますし、その他の業者と照らし合わせないと見積もりが正当な金額なのかもわからないです。戸別営業が日常の業界だけあり、業者側も契約をとろうと全力ですし、主導権を握る事は簡単ではありません。複数業者にて一括して施工の見積もりをもらえるサイトであれば、業者も、ほかの会社との競争となる事を前提にしているから、とくに交渉をせずに、いきなり安い値段の見積もり金額が示されます。