見積もりの時に点検する観点としては下地調整のケレン作業があります。前の塗装材の塗膜を落として壁の下地を整えておく工程で、これらの工程をやっておかないと、新規の塗装材がしっかり効き目を出せなかったり、短い年数で剥がれてしまったりしてしまいます。赤塚でも、下地処理のケレン作業は時間が発生するため、これをやらない業者も存在するので注意してください。完成までの日程が非常に少なかったり、料金が非常に安価だったりする際には、この施工の有無を確認しておきましょう。記載していない時は訊ねるようにして下さい。

家の壁部分にはサイディング材と呼ばれる板上の外壁材も赤塚ではよく用います。サイディングボードならばケアをする必要がないという印象を持っている人もたくさんいるようですが、モルタルの壁と同様に外壁の塗装は必須です。だいたい十年位で塗装を行えば、約30年前後はつかえますが、塗装をしないでいると早い段階でクラックなどの問題によって使用できなくなります。サイディングボードだとしても表層は塗料で守られているということは同じです。