外壁に生じる問題としては、ひび、カビ汚れなどが考えられます。ひび割れは家のズレなどが理由で生じますが、大概の場合で補修は可能です。カビやコケはというと日光が当たらない場所に発生しやすく、塗料のカビを防ぐ効き目が弱かったりしたときに起こります。切迫してどうにかする状態ではないのですが見た目も悪いですし、その状態のまま放置しておくと傷んでしまいますので塗り替えを行う事も考えられます。塗装の塗膜が剥がれるという事は淡路市でもあまりないのですが、大概のケースは塗装の際のミスです。

壁が古ぼけてきたら、壁の塗装のタイミングであると思っていいです。見かけがおとろえているという事は塗料の外側が風雨等の影響で組織を壊されているという事になります。塗装が剥脱してきている時も同様になります。より傷つくと、外壁部分を指でタッチした時に塗装がついてくるようになります。この現象をチョーキングと称し、淡路市でもこの現象が起きたら外壁の塗り替えのタイミングと判断していいです。